くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

はじめに

一人一人、体質は違います。

老若男女の違いだけでなく、親子、兄弟姉妹であっても違うのです。

そのため個人個人にあった食事、健康法を取り入れることが望ましいのですが、巷で流行る食事メニューや健康法、ダイエット法は、果たしてあなたに合っているものでしょうか?

今飲んでいるサプリメントに疑問を抱いたことは?

 

あなたがもし、体の不調を感じていて、改善したいと考えているのなら。

 

あなたがもし、もっと効率的に、健康的にダイエットしたいと考えているのなら。

 

あなたがもし、誰かの体を心配していて、何かしてあげたいと考えているのなら。

 

そのきっかけに、和漢膳はなれるかもしれません。

 

はじめまして。

北泊 龍(きたはく めぐみ)と申します。

当ブログにお越し下さり、ありがとうございます。

 

和漢膳(*1)とは、世界の色んな料理を食べられるようになった、現代の日本人向けに考案された薬膳です。

約3000年間途切れず続いてきた中医の知識と、今の食文化の良いとこどり。そのため生活に取り入れやすいのが特徴です。

 

薬膳を語るうえで欠かせないのが体質です。

 

先述したとおり、近く思える兄弟姉妹であっても体質は違います。

私には姉と兄がいますが、二人は太りやすく、全くの健康とは言わないまでも普段の生活に支障はない。

一方私はガリマッチョ体型(一応女なのに!)。

しかも虚弱体質で、冷えやすく、生理痛もかなり重い。肌も弱くアレルギー持ち。毎日どこからか出血する日々を送っていました。

一か月のうち7日前後寝込んだりするのもよくあること。

体調をカバーするため筋トレをしますが、筋肉がつきやすく、加減しないとかえって体に悪く、肝心の健康はまだ遠い。

ある日心臓がしんどくなり、そろそろ何かを何とかせねば……と考え、思い出したのが以前から興味のあった薬膳。

でも薬膳って、特別な食材を仕入れないと出来ないんじゃ? 続けられるかな? と調べるうち見つけたのが、「和漢膳」です。

 

(がくぶん「薬膳マイスター養成講座」で学びました。こちらで和漢薬膳師の認定を受けられます。

在宅で受講・認定試験が受けられますので、忙しい方、家を空けられない方、また近くに薬膳などの教室がない方におすすめです。DVDで調理工程を確認出来るので、見て学ぶことも出来ます。下からがくぶんのホームページへ移動できます。ご興味のある方はそちらからどうぞ)

 

名前がかっこいいな、ということ、現代の日本人向けであるということ、薬膳の基礎をしっかり学べるということ、比較的簡単、ということで受講しました。

 

体質チェックをすると、当たる当たる。

自分の体のことを知り、不調の原因を知り、食材を選んで食べる。

これを続けて一か月が過ぎたころ、気づいたら普段の生活が続いてるな、と感じはじめ、一番驚いたのは生理痛が軽くなったことです。

いやいや、今月たまたま調子が良かったんだろう、と考え、それでも肌の調子や肩こり、疲れ目はましになっているので続けて、二か月目。

やはり生理痛が軽い!

 

和漢膳を続けて4か月ほど。

寝込んでません。

普通の生活、出来てます。

 

当ブログに興味を持たれたのは、料理のレパートリーを増やすためでしょうか。

食生活の見直しのためでしょうか。

家族や親しい人のためでしょうか。

きっかけはなんであれ、今健康だよ、という方にも、是非試して欲しいのが体質チェックです。

 

自分のことを知る。

意外と難しいことですが、本当に大切なことです。

あなたも、まず自分の体を知ることからはじめてみませんか。

以下の4つで簡単な体質チェックが出来ます。お気軽にお試しください。

 

あなたの体は熱っぽい? 冷えやすい?

 

 

足りてる? 溜まってる?

 

 

気・血・水で知るあなたの体

 

 

五色診断

 

 

 ・ご注意下さい。☟

 

・和漢膳・薬膳はあくまでもお食事です。

 

・病気に対抗する薬になるとか、万病を治すとか、必ず痩せられるとか、そういったものではありません。

 

・どんな食材も研究段階であることが多く、絶対というものはありません。

お米ですらダイエットに良い、悪い、両方の意見があります。

 

・食材アレルギーなどにもそれぞれ配慮する必要があります。

 

・和漢膳・薬膳は「治療」とはいえませんので、持病を抱えておられる方、食事制限のある方はあくまでも食生活のサポートの一種とお考え下さい。

 

・心配事がある方はお医者さんにご相談なさって下さい。

 

・効果の現れ方は個人差があります。

体質によっては効果を感じにくい場合があります。

 

好転反応が出る可能性があります。

 

・当ブログを利用して生じた一切の損傷・損害・その他トラブル等の責任は負いかねます。

 

・あくまでもお食事。だからこそ健康な方でも気軽に取り入れられるのです。

 

・血液の生まれ変わるサイクルは3ヶ月と言われています。

出来れば3ヶ月意識してみて下さい。

 

・薬やサプリではないので、中断・再開はいつでも大丈夫と当ブログは考えていますが、食材なので消費期限・保管場所はご注意下さい。

 

 

(*1)

和漢膳については、「がくぶん 薬膳マイスター養成講座」をご覧ください。

薬膳マイスター養成講座 ≪通信教育・通信講座のがくぶん≫

乾燥に負けるな! 秋大根と豚肉のオレンジ煮込み

f:id:kitahaku:20210908092622j:plain

久しぶりの更新です。

とりあえずな感じで新しいメニューを考える余裕が出来ました!

 

材料 4人分

・豚肉ブロック 600gほど

(肩ロース260g バラ340gほど使用。お好みでどうぞ)

・大根 500gほど

・オレンジママレード 140gほど

・しょうゆ 大さじ3~お好みで

・オリーブオイル 大さじ2

・酒 150ml

・水 100ml

 

工程

・切る!

豚肉を2~3センチの厚みで切っていきます。

f:id:kitahaku:20210908092511j:plain

f:id:kitahaku:20210908092521j:plain

大根も同じくらいの厚さで。半月切りにし、面取りしましょう。

 

・炒める

鍋にオリーブオイルを入れ、中火で加熱。

鍋が熱されたら豚肉と大根を炒めていきましょう。

f:id:kitahaku:20210908092544j:plain

濁った肉汁、油が出てきます。これをキッチンペーパーで吸い取っておきましょう。

 

・味付け

お肉の色が変わってきたら酒、水、オレンジママレード、醤油を入れます。

f:id:kitahaku:20210908092607j:plain

煮込みます。軽く味見しておいてください!

アクが出てきたら取りましょう。

 

・煮込む

20分経ったら落し蓋をし、弱火にしましょう。

30分ほど煮て、大根に火が通っているか確認したら火を止めます。

 

1~2時間ほど寝かせ、食べる前に加熱。

完成です。

f:id:kitahaku:20210908092622j:plain

大根の方が受けが良かったのは秘密です。

定番和風の味付けですが、かんきつの皮が入っているため、ほんのり苦味があるのが良い感じ!

ごはんが進む煮物になりました。

 

本当はスペアリブにしようと思っていたのですが、なかったので……

 

9月になりましたのでね。残暑ではありますけどそろそろ鼻が……乾燥の気配を察知しています。

そこで、陰液を養って体の内側を潤す目的のメニューです。

 

 

大根は肺に良い白色食材。秋の乾燥の風で弱りやすい肺をケアしてくれます。

体を冷やすので、今の時期は食べやすいと思います。

冷えが気になるなら唐辛子をちょい足ししましょう。

 

 

豚肉はビタミンたっぷり、鉄分も含んでいる体液を養う食材です。

こちらは体温を上げたり下げたりしないので、通年食べやすいお肉です。

 

 

オレンジママレードに関しては、これけっこう色々な柑橘類が入っているんですよね。多分、オレンジや夏みかんが多めのようなので、冷やすに近いのではないかと思います。

体を冷やしたくない方はやはり唐辛子を入れると良いでしょう。

汗をかかない程度に加えてみて下さい!

↑使用したのはこれの低糖バージョンです。

 

 

調理油はオリーブオイル推しです。

これも肺に良いので、これからの季節もおすすめ。できればエキストラバージンオリーブオイルが望ましいです。

植物系油は健康にも良いのですが、加熱のし過ぎで毒になることがあります。

コールドプレスで作られたものを選ぶようにましょう。

 

 

というわけで、久々の投稿でした。

ではでは!

 

梅雨のジメジメに! マヨネーズなし和風ポテサラ

f:id:kitahaku:20210625102553j:plain

今回はマヨネーズなしのポテトサラダです。

元々シンプルな味付けが好きなのであまり凝ったものではありませんが、うけも良かったので採用しました。

ジャガイモの種類によって舌ざわりが変化するので、お好みのジャガイモでどうぞ。

 

材料 4人分

・じゃがいも 3個

・アスパラガス 5本

・ヤングコーン 1パック

・だし汁 400ml

・醤油 大さじ1~お好みで

・米油 大さじ1

 

工程

・下ごしらえ

ジャガイモの皮をむき、1cmほどの厚さでいちょう切りに。

f:id:kitahaku:20210625102747j:plain

水につけてサッと洗います。

 

小さめの鍋に入れ、だし汁をかけて中火にかけます。

f:id:kitahaku:20210625102730j:plain

2分ほどしたら味見して下さい。

 

アスパラガスの筋をとり、2cmほどの間隔で切ります。

ヤングコーンも同じくらいに切りましょう。

f:id:kitahaku:20210625102714j:plain

 

・煮込む

鍋が沸騰したらアスパラガスとヤングコーンを投入。

f:id:kitahaku:20210625102658j:plain

10分ほど弱~中火で煮込みます。

 

・仕上げ

10分ほど経ったらザルにあげてだし汁を捨て、ジャガイモを鍋に戻して火にかけます。

軽く水分を飛ばし、ジャガイモをある程度潰したらこめ油を入れて馴染ませます。

f:id:kitahaku:20210625102626j:plain

アスパラガスとヤングコーンを戻します。

f:id:kitahaku:20210625102610j:plain

 しっかり和えたら完成!

f:id:kitahaku:20210625102536j:plain

だし汁がふわっと香る感じ。アスパラガスのほんのり苦味がいいアクセントです。

 

ジャガイモ、アスパラガス、ヤングコーンはどれも体に溜まった水分の巡りを促します。

気温も暑かったり涼しかったりする今、使いやすい体温を左右しない「平」性質。

(アスパラガスは微温、微涼の両説ありますが)

特にジャガイモはやる気も出にくい梅雨時に気力を与えてくれる野菜なので、元気になりたい方にはうってつけです。

 

カリウムを含む野菜が多いので、これの摂取制限がある方は注意しましょう。

下痢気味の方も控えめにしましょう。

 

 

いやー、前回からかなり日が空きました!

納豆チャレンジですが、皮膚内のむずむず感はやはり薄くなったような気がします。 

kuriya-kitahaku.hatenablog.com

 

あくまでも個人の感想です。

個人的には+オリーブオイル、ミョウガ、めんつゆ、醤油の組み合わせが好きです。

 

 

気づけばもう7月……早っ!

ではでは。

 

オレンジジュースですっきりさっぱり!

f:id:kitahaku:20210601095745j:plain

ちょっと涼しい日が続いたと思ったら突然の夏感!

暑いよ!

というわけで今回は、暑い日にぴったり皆大好きオレンジジュースをおすすめします。

 

・オレンジについて

インドやブラジル、スペインとあつい地域が主な産地。

日本でも鹿児島や宮崎など、南方で採れます。

旬は秋なのですが、梅雨~残暑までおすすめです。

 

あつい地域で採れる食材は体を冷やすものが多く、オレンジもその一つ。

涼性質といって、体を適度に冷やしてくれます。

そのためこれからの季節にうってつけな果物。

甘味、酸味が強く、胃と肺のケアにつながる他、柑橘系のさわやかな香りは気分も整えてくれます。

食欲がない時や吐き気がある時にも良い、とされていますよ。

 

主な栄養成分はビタミンA、C、カリウム、果糖、ショ糖、ブドウ糖アスパラギン酸アスパラギンプロリン、γーアミノ酪酸、アルギニン。

カタカナ多いな~。

栄養補給にもよさそうです。

 

生で食べる、ジュースで飲むほか、サラダに入れてもいいですし、煮たりゼリーにしたりと調理の幅が広いのも特徴です。

 

注意点もいくつかあります。

1・寒気をともなう下痢の時はいけません。

2・糖尿病の方は注意が必要です。お医者さんに相談しましょう。

3・カリウム摂取制限がある方もお医者さんに相談するように。

4・やる気がどうしても出ない時は控えめにするか、お食事で鶏肉やブロッコリー、キャベツなどやる気を補うものをしっかり食べてからにしましょう。

 

 

・みかんとの違いについて。

みかんと主産地が似ていること、香りや味も似ているので、私自身はみかんの英語名がオレンジ、つまり同じ果物だと思っていたのですが、微妙に違うようです。

(調べてみたらみかんは英語でマンダリンかタンジェリンでした。マンダリンが親らしい。どっちも響きがかっこいい)

みかんは温性質で、体を温めます。

甘味酸味があるのは同じですが、これは肺と脾臓のケアにつながるそうです。

旬もみかんは秋~冬。

オレンジは下痢の時すすめられませんが、みかんは良いとされています。

主な栄養成分はしょ糖、果糖、ブドウ糖たんぱく質、ビタミンC、B1、βカロテン、シネフィリン、クエン酸、食物繊維など。

注意点はオレンジよりも少なく、のぼせや熱がりの方は控える、というもの。

 

どちらも香りによる気分のリフレッシュには使えますが、無気力の時に使ってはならない、というのは共通しています。

夏になるとクーラーなどで体が冷えることも増えるでしょう。

自身の体調や環境に合わせて、みかんかオレンジを選ぶのも良さそうです。

 

和漢としては特に注意していませんが、どちらも糖分多めなので糖質制限中の方や、健康体でも飲みすぎには注意しましょう。

 

 ところで愛媛のみかんのおいしさは異常。

すっごい贅沢な味がします。

ではでは。

目指せ体液浄化! オリーブオイル納豆

f:id:kitahaku:20210525102150j:plain

出かけ先ではアルコール除菌、敏感肌へのダメージは甚大です。

それにプラスして梅雨の季節は水分代謝を悪くし、そのために肌や関節に不要な水分を溜めてしまうので色々な不調を呼ぶ、ということです。

日本は湿気の国なので、悩まされる人は多いです。

水毒解消レシピ、セラミド補給、それだけだとちょっと足りない気が……。

そこで、体液浄化をめざし、内側からの防御を図ることにしました。

 

材料 1人分

・納豆 1パック

・エクストラバージンオリーブオイル ティースプーン1杯

・醤油 ティースプーン1杯

・シラス お好みで

 

工程

・混ぜるだけ!

納豆菌は熱に弱く、人肌程度の温度でよく働きます。

まあ色んな説がありますが……。

常温ほどで体内に入れたら、あとはおなかの中で温まって働いてくれますから、凝った調理は不要です。

 

納豆にオリーブオイル、醤油を加えて混ぜるだけ。

f:id:kitahaku:20210525102225j:plain

f:id:kitahaku:20210525102207j:plain

あとはシラスをのせて完成です。 

f:id:kitahaku:20210525102150j:plain

タレを使わないのでけっこうあっさりな味。

オリーブオイルの刺すような風味は消え、シラスと醤油のおかげか白米にもよく合います。

これは普通にタレを使うより好きかも!

 

 

納豆は温性質なので、体を温める食材です。

血の巡りを促し、毒そを消す手伝いをしてくれます。胃腸にも優しく、イソフラボンも含まれているので女性が常食するのにおすすめ。

常識外れな食べ方はもちろん危険ですから、一日1パックほど。

男性が食べてももちろん良いのですが、イソフラボンを過剰に摂ると体が女性的になったり、精力減退などにつながる可能性があります。

とはいえ神経質になる必要はないと思います。

食べたい時に食べるのが一番です。

食べたいってことは体がその栄養を求めてるってことですから。

 

というわけで水毒や体液をきれいに、という効果は書かれていません。

しかし個人的に納豆による水質浄化に関心があります。

洗い物をする時、納豆を食べた後の器、それに残っているネバネバをスポンジに塗り付けて、洗剤を使うとその泡持ちがすっごい良いと感じているから!

油汚れもすいすいです。

納豆食べたん?

ラッキー!

今日の洗い物めっちゃきれいになる!

頼むから納豆のなんか水質改善に良い成分の入った洗剤早く出ないか、と〇年前から望んでいるくらい、納豆の可能性を信じているわけです。

発展途上国の水がきれいに、先進国のキッチンもきれいに、なんてめっちゃ理想的やん……?

夢見すぎか、これは。

デメリットはどうなのかも気になりますが。

今回のレシピはそれの応用です。

 

 

納豆と相性の良い、加熱しないで使えるエクストラバージンオリーブオイル、シラスと合わせています。これは目指せ美肌な組み合わせ。

他にはキムチ、ネギ、ニラなども相性が良いようです。

長芋もよいのですが、梅雨時には不向きな潤い保持な組み合わせ。春にはよさそう。

納豆と卵は、絶対ダメではないけど相性は悪いようです。

 

 

 

 

というわけで今回は納豆の可能性を探るレシピでした。

良ければ作ってみて下さい!

 

ではでは。

梅雨に食べよう。鶏肉とアスパラガスのポン酢炒め

f:id:kitahaku:20210520101617j:plain

今年の梅雨入りは早いですね!

それに家にいる時間が長くなっているので、季節感があまりない気もします(;'∀')

しかし体は季節や天気を感じ取り、体調も変化していきます。

旬のものを取り入れて体を季節に合わせていきましょう。

 

材料 4人分

・鶏肉(今回はセセリ使用)200gほど

・アスパラガス 7本ほど

・エクストラバージンオリーブオイル 大さじ1

・ポン酢 大さじ2

・(お好みで)黒コショウ 少々

 

工程

・下ごしらえ

アスパラガスの根の部分を1cmほど切り落とし、ピーラーですじを取ります。

f:id:kitahaku:20210520101708j:plain

3等分に切り分けたらラップにくるみ、水分を少量足して、レンジで加熱。

600wで1分ほど。

 

セセリ(もちろん他の部位でも可)もアスパラガスに合わせた、食べやすい大きさに切ります。

水毒状態(雨が降ると体が重くなったり、頭痛肩こりが出る)が重い方は脂肪分を取り除きましょう。

 

・炒める

フライパンにオリーブオイルを引き、中火で加熱。

フライパンが熱されたら鶏肉を入れ、しっかり炒めます。

f:id:kitahaku:20210520101652j:plain

色が変わったらアスパラガスを投入。

f:id:kitahaku:20210520101637j:plain

油を全体に回しましょう。

 

・仕上げ

ポン酢をかけ入れ、全体になじませます。

お皿に盛り付けて完成。 

f:id:kitahaku:20210520101617j:plain

非常~に気楽にできる料理です。

アスパラガスとポン酢の相性がよく、植物食べてる感が出るのでけっこうお気に入り。

 

黒コショウをかけると味が引き締まるので、お好みに合わせてどうぞ。

(コショウは血圧を高める作用があるため、高血圧の方は塩以上に注意が必要なスパイスです。一方でお肉の臭みを取る、栄養成分が豊富という魅力的な点も多いです。適切な量を使うようにしてください)

 

 

アスパラガスは体を潤しつつ水分の巡りを促してくれるので、春~梅雨とかなり使える食材です。

体温に関しては微温、微涼、の両説がありますが、どちらも微なので体に負担になるほどではないでしょう。

体温調整がややこしい梅雨の時期でも食べやすいですよ。

アスパラガスといえばマヨネーズ……なのですが、マヨネーズは水毒になりやすくなる調味料なので梅雨には不向きです。

 

 

オリーブオイルは梅雨に負担のかかりやすい胃腸に優しい油。

それと余計な熱は取ってくれるので、夏に向かう今の時期、かなり重宝します。

 

ちなみに使っているポン酢はこれ。塩分控えめの中でお気に入り。

参考までに。

 

 

こちらで気軽に体調チェックできます。 

kuriya-kitahaku.hatenablog.com

あくまでも簡易版ですが、水毒になっていないかどうかお試しください。

ではでは。

 

梅雨に向けて体の準備! ナスともやしのポン酢和え

f:id:kitahaku:20210510101538j:plain

本格的な梅雨入り前に、体液の巡りを促す準備運動ならぬ準備食です。

体を冷やす力が強いメニューなので暑い日にもおすすめ。

 

材料 4人分

・ナス 2本

・緑豆もやし 一袋

・人参 2分の1

以下ポン酢の材料。

・エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2

・醤油 大さじ2~3

・レモン果汁 小さじ2~3

・はちみつ 小さじ1~2

 

工程

・下ごしらえ

ポン酢の材料をすべて混ぜ合わせます。味見必須です。

写真撮り忘れました。(;'∀')

 

ナスを洗って、斜めに包丁を入れて縦半分に切ります。

f:id:kitahaku:20210510101650j:plain

 

人参はピーラーで薄く。

f:id:kitahaku:20210510101635j:plain

 

・蒸す

レンジでもいいのですが、今回は蒸すことにしました。

大き目のフライパンに水を入れ、上にシリコン製の穴あきシート。そこに野菜類を並べます。

f:id:kitahaku:20210510101610j:plain

フタをして、中~強火にかけて5~10分ほど。

 

・仕上げ

f:id:kitahaku:20210510101554j:plain

蒸しあがったらお皿に盛り付け、ポン酢をかけて完成です。

f:id:kitahaku:20210510101538j:plain

ポン酢は作り立て、添加物も入らないので後味がしつこくなくいい感じ。

はちみつを大量に入れると水毒になりやすくなってしまいますので、多くても大さじ1までに留めましょう。

 

もやしとナスが今回のポイント。

いずれも体の水分の巡りを促し、排せつしやすくしてくれるので、梅雨の時期・雨の日に体が重く感じる方におすすめです。

ただし体を冷やす力が強いため、冷えやすい方や下痢しやすい方は控えめに。

ミョウガなどの温めるものと合わせれば冷やす力が緩和されますので、これを加えても良いと思います。

ネギははちみつと相性が悪いので、ネギを入れるならはちみつをやめましょう黒砂糖なら体を温めるのでこれはこれで良しです。

 

ナスはなるべく皮をむかないようにしましょう。この皮の部分にアントシアニンが含まれています。

またあく抜きもしない調理になっていますので、切ったらすぐ加熱できるように整えておいてください。

 

最後に、今回はオリーブオイル推しです。

梅雨の時期や季節替わりには胃腸がやられることが多くなります。

オリーブオイルは肺だけでなく胃のケアにもなるので、ぜひ使ってみて下さい。 

 

 

 

一度の食事で体質ががらっと変わるわけではないので、少しずつ水毒解消の食事を意識して取り入れてみて下さい。

基本は旬のものを食べるようにしておけば、季節に合わせた体になります。

 

ではでは。

 

血を作って目のケアを。鶏レバーと玉ねぎ炒め

f:id:kitahaku:20210430100913j:plain

目がカッスカスの状態で何事も捗らない……!

そろそろ月の物が来そう……!

そんな時に食べておきたい食材で作った簡単炒め物です。

 

食材 4人分

・鶏レバー 180gほど

・ショウガ 20g

・玉ねぎ 小サイズ 2個

・人参 1本と半分

・酒(料理酒でも可) 大さじ1

・焼肉のたれ 大さじ2

・米油 大さじ2

ゴマ油でも可)

 

工程

・下ごしらえ

レバーを一口大に切り、中の血の塊を取り除きます。

f:id:kitahaku:20210430101024j:plain

今回のレバー、きれいだったのであまり出ませんでした。ラッキー!

 

玉ねぎはスライス、ショウガは好きなように切ります。すりおろしでも大丈夫。

f:id:kitahaku:20210430101042j:plain

 

人参は分厚く切って、タッパーに詰めたら水気を足し、レンジで加熱します。

f:id:kitahaku:20210430101059j:plain

みずみずしく、ちょっとしなるくらいまで加熱しましょう。

 

・炒める

フライパンに油をひき、中火で加熱。

熱せられたら玉ねぎ、ショウガを入れ、玉ねぎの色が変わるまで炒めましょう。

 

レバーを加え、お酒をふります。

f:id:kitahaku:20210430101006j:plain

レバーの色がかわるまで炒め、人参を投入。

f:id:kitahaku:20210430100948j:plain

 

・仕上げ

全体に油を回し、焼肉のたれを入れます。

f:id:kitahaku:20210430100931j:plain

しっかりなじませたら完成。

f:id:kitahaku:20210430100913j:plain

ショウガが効いてサクサク食べられるおかずになりました。

レバーと人参で血を作り、玉ねぎで巡らせます。

血虚になると目がかすんだり、髪の毛が細くなったりしますので、時々意識的に血をつくることをお勧めします。

体を温めたり、栄養を運ぶためにも血液が不可欠。

その巡りもよくないといけませんので、お肉を食べる時はなるべく玉ねぎをつけくわえてみて下さい!

 

ではでは。