くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

これからの季節におすすめのお茶

私が住む地域では、日差しはだいぶ暖かくなり、厚着で動くと汗をうっすらかくくらいになりました。

新型コロナいつ収束するねん、とか、いやいっそ集団免疫がつくのが早い?

ワクチン? 既存の薬? と色々情報が飛び交っていますが、どうであれ自分の身は自分で守らんといけないわけです。

そんなことはどなたも分かっていることで、改めて言うほどのことでもないのでしょうが、まず今出来ることをやっておきましょう、という話です。

 

お茶類にはカテキンが含まれているので飲んでらっしゃる方も多いでしょう。

特に日本人なら緑茶に馴染み深く、もともと好きな方も多いはず。

お茶の勉強を始めたばかりですが、淹れる温度がカテキンの量に影響すると知ったので偉そうにも書いていきます。

 

冷茶にしましょう。

 

カテキンとビタミンCを含むお茶ですが、

熱湯で淹れるとカフェインが増え、カテキンとビタミンCが減ります。

冷たい温度で淹れるとカテキンとビタミンCが増え、カフェインが減ります。

目を覚ましたい時などは前者が良いのですが、今注意したいのは新型コロナなので、後者を推したいのです。

 

カテキンに関しては熱湯の方が出やすい、という説がありますが、カテキンの中でも特に要注目なのがエピガロカテキンと言われるもの。

このエピガロカテキンをよく出せるのが冷たい温度、となります)

 

気休めにしかならないかもしれませんが、何もしないよりはマシです。

ビタミンCもカテキンも体に良いものなので、新型コロナうんぬんを無視してもおすすめ。

これから暖かくなっていきますし、冷茶の淹れ方は簡単ですから覚えて損はありません。

ではさっそくレシピを紹介します。

 

材料

・水300㎖ 

・茶葉(緑茶) 大さじ1

 

工程

・大きめのコップ、ボトルなどを用意。

茶葉の味を邪魔せず手に入りやすく、お手入れも楽なのでガラス製が一番使いやすいかと思います。

今は百均などでも軽いトライタンのボトルがありますので、そちらもおすすめ。

 

コップに茶葉を入れ、水を入れます。

f:id:kitahaku:20200429123324j:plain

f:id:kitahaku:20200429123349j:plain

大きめのガラスコップ。400㎖くらい入ります。

f:id:kitahaku:20200429123556j:plain

日本の水はほとんどが浄水されているので蛇口から直接でも大丈夫だと思いますが、気になる方は湯冷ましなどでも良いでしょう。温度は冷たいくらいがちょうどいいです。

 

硬水よりは軟水の方がカテキンが出やすいです。日本の水はごく一部地域を除いてほとんどが軟水なので水道水が良いと思いますが、買った水で作りたいという場合、ラベルをよく確認してから使いましょう。

 

埃などが入らないよう、フタをします。

シリコンラップというものを使いました。

フタになれば良いのでこだわる必要はありません。小皿を裏返しにしてかぶせる、でも良いと思います。

f:id:kitahaku:20200429123754j:plain

水を入れただけでも茶葉は少しづつ広がります。浮かぶものもあり、沈むものもあり。見てるのも面白いです。

冷蔵庫か冷暗所で数時間置いておきます。

茶葉によって広がりや茶の出る時間が変わりますのではっきり何時間といえません。水の色がお茶の色になったら、が完成の目安となります。

f:id:kitahaku:20200429124228j:plain

これが、こんな感じになります。3時間くらい経ちました。

f:id:kitahaku:20200429124410j:plain

茶こしを飲む用の湯飲みやカップにセットし、注ぎます。

f:id:kitahaku:20200429124537j:plain

f:id:kitahaku:20200429124627j:plain

こんな感じで、薄い緑色のお茶が淹れられました。

味はあっさりで、苦みが少ないです。

茶葉の様子からいえば、飲み切った後もう一回、300㎖分の冷茶が淹れられます。

カフェインが少ないので夜でも飲めます。

  

 

 

 

 

シリコンラップですが、犬のお出かけ用のおやつを包むなど、使い勝手が割と良いので気に入ってます。ちょっと張り付きにくいので工夫が必要ですが、うまく使えばコスパが良い!

 

冷茶はすっきりした味わいで、余計な水分を排出しやすくしてくれます。

 

アルコールと一緒に摂ると血管が刺激され、心臓に負担がかかる可能性があります。

一説にはアルコールと一緒に飲んだ方が良い、とも言われていますが、上記の理由から私はおすすめしません。

 

鉄剤と一緒に摂るとその効果が薄れると言われています。鉄剤をお飲みの方は注意して下さい。

 

シメチジンの入った胃腸薬と一緒に摂ると、めまいなどの症状が出る可能性があります。

 

ビタミンも各種豊富に含まれていますので、緑茶も紅茶も適度に楽しめば体にも良い!

ぜひ日常にお茶を取り入れてみて下さい。

 

追記

水道水ですが、気になる方は浄水器をつけるのも良いかと思います。

 

保存料などは入らないため、作った日に飲み切るか、遅くても次の日までに飲み切るようにして下さい。

 

一度に飲みすぎると脱水になったり胃が荒れる可能性があります。

時間をおいて、朝食後、ティータイム、夕食前、それぞれ一杯ずつというように区切ると良いでしょう。