くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

ジャスミンティーのすすめ。

女性なら月のものだけでなく、排卵や働きすぎなどでホルモンバランスが崩れがち。

しっかり休んでちゃんと食べて……って出来れば良いですが、なかなか時間が取れない方も多いでしょう。

自粛も一部解除にはなりましたが、油断禁物。

羽を伸ばせるのはやはり家ではないでしょうか。

今回は女性のためのお茶を淹れました。良かったら参考にして下さい。

 

材料 1人分

ジャスミンティーの茶葉 ティースプーンにやんわり山盛り1杯

・マイカイカ 1輪

・湯 1杯につき110㎖ほど

 

道具類

・急須

ティースプーン

カップ(耐熱グラス、湯飲み、マグカップなど。ガラス製が望ましい)

 

工程

茶葉を急須に入れます。

私が普段飲んでいるのが、スーパーでも手に入りやすいこれ。 

 香料なども入っていませんし、使いやすいので気に入っています。

これはパックに入っているので、急須なしでも淹れられるようになっていますが、こうやって

f:id:kitahaku:20200516141737j:plain

ハサミで切って、茶葉を取り出します。

中は細かい緑茶の葉と、白いジャスミンの花弁がちらほら。

f:id:kitahaku:20200516142044j:plain

これを急須に入れます。

今ならポットがまだありますかね?

なければお湯を沸かしましょう。沸騰させすぎないくらいで大丈夫です。

ぐつぐつ、くらいで火を止めましょう。

 

・沸かした湯を注ぐ

一度カップに湯を注ぎます。

f:id:kitahaku:20200516142526j:plain

それを急須に注ぎます。

フタをして30秒蒸らしましょう。

 

30秒経ったらカップに注ぎましょう。

ジャスミンティーの完成です。

f:id:kitahaku:20200516143121j:plain

これだけでも女性の心強い味方となってくれます。

ジャスミンは香水にも使われるほど香りが良く、ファンも多いことと思います。

香りの良い物は「気」という、人体を支えるエネルギーを巡らせる効果があるとされ、ジャスミンもその効果を持っています。

 

胃が痛い時にも良いとされており、気分が落ち込んだ時にも良い働きをしてくれます。

ため息が多い時、女性特有の生理現象で不調がある時などに特におすすめ。

 

これで治るということではありませんが、気分は落ち着きますし、個人的な経験談としては排卵日の数日前くらいから飲んでおくと、けっこう楽に過ごせた感はありました。

 

ではマイカイカを入れてみましょう。

f:id:kitahaku:20200516144140j:plain

かなり小さな花だったので花びらの数は少ないですが、それでもかなりのバラめいた香り。

カップの形がワイングラスっぽかったこともあるのでしょうが、すごく香りが鼻孔に広がります。

ジャスミンだけだと華やかな緑茶風ですが、マイカイカを入れると甘味が出ます。

それでも苦いのがちょっと……という方ははちみつを足すと良いかと。

 

イカイカジャスミンと同じ、気を巡らせる性質を持っています。

イカイカは生理前に胸が張って痛い時にも良いです。

ビタミンCやβーカロテンなど、栄養もたっぷり!

その性質から美容にも効果あり、とされています。

ジャスミンティーに入れてみましたが、紅茶と合わせて淹れることもあるそうです。

 

これも個人談ですが、けっこう脇から痛むんですよね、生理前。

腕を伸ばすだけでもひっぱられて痛い痛い!となります。

イカイカがおすすめだと知って、通販で注文して飲んでみたところ、翌日には痛みが

気にならないくらいになりました。

 

飲みすぎると気を消耗することもあるので、一日に2杯くらい、数時間空けて飲むのが良いと思います。

また緑茶がベースなのでカフェインが微量含まれています。

夜は控えた方が良いでしょう。

タンニンも含まれていますので、大量に飲むと生理の時辛い事になります。

あくまでも適度に飲みましょう。それと食事で血を作ることも大切です。

逆に言えばね、1日1~2杯で良いので、ティースプーン1杯で済みます。

30パック入っていますが、1パックで大体ティースプーン3~4杯分、淹れられます。

コスパはかなり良いですよ!

 

 

 マイカイカは別名ジャパニーズ・ローズとも言われています。ハマナス、という名前で呼ばれることもあるので、聞いたことがある方は多いかと。

漢字だと変換できなかったので、手書きの写真を貼っておきます。

f:id:kitahaku:20200403152310j:plain

いずれかの名称で当たると思います。

嗅いでもよし、飲んでもよし、食べてもよし。

味がだめ、という方も、サシェティーパックにつめて枕もとに置くなど、香りでも楽しめます。

甘くて若々しいバラのような香りです。

残念ながらスーパーなどでは手に入りづらいので通販で買う率が高いのですが、量があっても保存が出来ますし、女子力アップした気分になるのでぜひ手元に置いて欲しい、おすすめ度の高い花です。

 

 

追記

なぜパックではなく、わざわざ切って急須で淹れるのか、を書き忘れていました。

茶葉が広がること、湯を一度カップに注いで温度調整をすること、蒸らしをすることで風味は格段に良くなります。

今まではパックのままで淹れていたのですが、こうすることにより花の味といいますか、花の独特の酸っぱいような甘いような香りと味が出るので、面白いなぁ、と。

これがくせになりまして、急須で淹れるようになりました。

おすすめの淹れ方なので、ぜひ一度、試してみて下さい!