くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

台湾茶 文山包種茶を淹れる

ずっとやりたい飲みたい、と思っていた台湾茶

専用の茶器が必要だと思っていましたが、一人用の小さ目の急須があれば大丈夫と知り、先ずは愛用の透明急須でデビューです。

ありがたい事に通販が充実している世の中。

注文して、届いたお試しセット。

今回は文山包種茶を淹れてみました。

f:id:kitahaku:20200903093705j:plain

茶葉はこんな感じ。

f:id:kitahaku:20200903093448j:plain

1人分なので、パックの半分で淹れました。後1ターン楽しめそうですw

茶葉の香りは海藻っぽい???

なんとも言えない、ほのかに甘い香りがする高級なだしという感じですね。

食欲がそそられます。


台湾茶日本茶や紅茶とも淹れ方が違うのでちょっと緊張。

まずお湯を沸かします。

 

それを急須、湯呑みに注ぎます。

急須と湯呑みを温めたらその湯を捨てます。

 

急須に茶葉を入れ、そこにお湯を注ぎます。

f:id:kitahaku:20200903093402j:plain

f:id:kitahaku:20200903093346j:plain

蓋をして1分間蒸らしたら湯呑みに注いで頂きます。

 

1煎目

f:id:kitahaku:20200903093329j:plain

水色は薄い黄緑色。

 

香りはやはり高級の、海藻系のだしのよう。

 

味わいは甘く、旨味の強い……やはりだし風味のウーロン茶。美味しい。

異国のお茶ですが、懐かしい感覚もあります。

日本茶も良いものを丁寧に淹れるとだし風味と言われていますが、これもそういうタイプなのかな、と。

日本茶や日本で飲むウーロン茶のイメージとは違って、まったりして甘く、すっきりするけど余韻が残る。

そしてお腹が空く。

これは1煎目で、台湾茶は淹れ方によって6煎は楽しめるということなので、どんどんいきましょう。

 

2煎目です。

 淹れた後の茶葉は桜餅の葉の香り。

湯を再び沸かし、淹れます。

捨てたりする必要はありません。注いだら蓋をして、20秒蒸らします。

f:id:kitahaku:20200903093315j:plain

2煎目は渋みが出て、芯の強い味わい。

日本茶に慣れている人は2煎目の方が馴染みやすいかもしれません。 

そしてやっぱりお腹が空く……。お茶の力ですね。

 

3煎目。

お腹が空いたので昼食を挟んでから飲みました。

お茶なのでね。

一気にがぶがぶ飲むのはおすすめ出来ませんから、台湾茶ひとさじを一日かけて味わいます。

湯を注いで45秒蒸らします。

f:id:kitahaku:20200903093259j:plain

1煎目に似た水色ですね。それよりは黄色っぽくなったかな? 

香りは桜餅感が強くなりましたが、味はすっきり。後味がほんのり桜餅風。

 

4煎目。

湯を注いで1分20秒蒸らします。

かなりすっきりした味わいに。桜餅のような香りが鼻を抜ける感じ。

f:id:kitahaku:20200903093243j:plain

 

5煎目。

湯を注いで2分20秒蒸らします。

味も薄くはなりましたが、面白いのはまろやかになったこと。

f:id:kitahaku:20200903093226j:plain


 

6煎目。

最後は水出しが良い、という情報があったので、試してみました。

水を入れて2時間放置。

f:id:kitahaku:20200903093207j:plain

水色は淡い黄金色になりましたね。

味は……復活?!

桜餅の葉の風味を強く感じます。

不思議だ……。

 

 開ききった茶葉。

f:id:kitahaku:20200903093150j:plain

台湾の空気、土、水、風、夕陽。

あの風景の中で育ったのかと思うと、愛おしくなります。

 

飲んでいるととても穏やかな気持ちに……。

カフェインは入っているんですけどね。

その他ポリフェノールやビタミンも含まれています。

食欲を促す効果もあるそうで、この茶葉はそれが強い気がします。

ウーロン茶は「平」に分類されます。これは熱っぽくなりやすい人にも冷えやすい方にも合わせられる性質なので、どなたでも一年中楽しめます。

 

高級だしのような味から桜餅の葉のような風味へ。

これは春に飲みたいお茶だなぁ、と思いましたね。

茶殻も乾かせば消臭剤などとしても利用できるとのことなので、しっかり乾燥させてタンスに入れようかなと考えております。

 

まだまだ味わいたい、奥深い台湾茶。いつか本場で楽しみたいものです。

次は何にしようか……。

 

 購入したのはこちら!アマゾンさんです。

 使っている急須についてはこちら。 台湾茶も美味しく淹れられました。

kuriya-kitahaku.hatenablog.com

 

 

 

読んでくださった方、読者登録して下さった方々、本当にありがとうございます。

コメントも頂けるようになりましたが、返信がうまく出来ているかちょっと不安なので、ここでお礼申し上げます。(〃´∪`〃)ゞ

とても嬉しいです、ありがとうございます!

 

ではでは~。