くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

台湾茶 凍頂烏龍茶を淹れる

台湾茶、2種類目です。

有名な銘柄ですよね。しかし飲むのは当方、始めてなんです。どんな味かな~。

f:id:kitahaku:20200902151125j:plain

 茶葉はこんな感じ。くるくる。

f:id:kitahaku:20200902151051j:plain

さっそく淹れてみましょう。

まず熱湯を作ります。

泡がたって1分は火にかけ続けました。

それを急須、湯呑みに注ぎ、それぞれを温めたら湯を捨てます。

 

急須に茶葉を入れ、湯を注ぎます。

1分間蒸らし、湯呑みに注いで1煎目が完成。

f:id:kitahaku:20200902151005j:plain

色は薄い黄金色。

味はすっきりしたウーロン茶。

淹れた後の茶葉はこんな感じ。

f:id:kitahaku:20200902150651j:plain

この香りがたまらん!

お茶の香りと、甘い香りがする。

 

2煎目

熱湯を注いで20秒蒸らします。

f:id:kitahaku:20200902150936j:plain

まろやかで甘味が出たかな、という印象。

2煎目美味しいな。

 

3煎目

熱湯を注いで45秒蒸らします。

f:id:kitahaku:20200902150909j:plain

まろやかだけどキリっと芯のある風味に。

さわやかな甘味があるので飲みやすい!

 

4煎目

熱湯を注いで1分20秒蒸らします。

f:id:kitahaku:20200902150849j:plain

味はさすがに薄くなりましたが、さわやかな甘い香りが広がります。

 

5煎目

熱湯を注いで2分20秒蒸らします。

f:id:kitahaku:20200902150828j:plain

かなりさっぱりまろやか。酸味が若干あるかな? という感じですね。

 

最後は水出し。

10分ほど放置し、注いだら完成。

f:id:kitahaku:20200902150737j:plain

味は全体通してすっきりしているけど、さわやかな甘味のあるウーロン茶。

ウーロン茶だけど緑茶にも近いかな? という感じでしたね。

食事シーンに合いそうです。すっきりするので、濃い目の炒め物の時などに良いかな、と。

 

さわやかな風味でしたので、初夏、新緑の中で飲むのが合いそうです。

 

開ききった茶葉。

f:id:kitahaku:20200902150712j:plain

わずかに甘い花のような香りがしますので、乾燥させたらティーパックに詰め、小物入れなどの消臭剤として使えそうです。

 

ところで気づかれましたか?

ちょっとずつお茶の色が濃くなっていったことに……。

台湾茶は1杯2杯は余裕で淹れられます。

6煎目で味が復活、色も復活することもザラだそうで、1日かけて楽しめる、非常にコスパの良い飲み物です。

 

一気にがぶがぶは胃に負担がかかりますので、時間をおいてじっくり楽しむのが良いかと思いますよ。

 

おやつ時にも合いそうな、さわやか系ウーロン茶。

性質は「平」で、どんな体質の方でも飲みやすいのが特徴。

味により合わせたい季節もありますが、梅雨時が最もおすすめ。

体の水分を巡らせ、余計な熱を取る、とされています。

 

初心者なのでこういうセットで試してみました。便利な世の中やわ。ありがとう。

 ちなみに最初に台湾茶を飲んだ話はこれ。 

kuriya-kitahaku.hatenablog.com

 

 

 

お茶によって個性があるんですね。

味や香りだけでなく、舌触りまでそれぞれ違う。

カップがどうの……と言い出したらまた世界が広がってしまうのかしらん。

……カップかぁ。

 

次は何にしようかな???

 

お読み下さり、ありがとうございました!

ではでは!