くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

夏を前にスタミナをつける! 鶏肉とインゲン豆のニンニク炒め

自粛解除が進み、外出の機会がかなり増えましたね。

しかしコロナはまだ存在し、緊張感を伴った移動で気力消耗するわ~という方も多いんじゃないでしょうか。

f:id:kitahaku:20200901134552j:plain

今回はしっかりがっつり系のおかずで、スタミナをチャージしましょう!

 

材料 4人分

・鶏モモ肉・鶏ムネ肉 合わせて500gほど。(どちらか一方でも大丈夫)

・インゲン豆 100g

・ネギ 1本

・にんにく 1かけ

・米油 大さじ1

・酒 大さじ1~2

・みりん 大さじ2

・醤油 大さじ2

 

工程

・下ごしらえ

鶏肉を湯通しします。

鍋に水をはり、沸騰したら鶏肉を入れて、色が変わったら火を止めて10分放置。

ザルにあげ、水気を切ります。

f:id:kitahaku:20200901134743j:plain

 

インゲン豆をよく洗い、ヘタの部分を切り落とします。

f:id:kitahaku:20200901134728j:plain

 

ネギは斜めに包丁をいれ、細長くしましょう。1~2cm感覚で切ります。

f:id:kitahaku:20200901134713j:plain

 

ニンニクを輪切りにします。中の芽をくり抜きましょう。

f:id:kitahaku:20200901134657j:plain

このニンニクは芽が未発達だったので抜いていません。

 

・炒める

フライパンに米油をひき、ニンニクを入れ、中火で加熱。

フライパンが熱されたらインゲン豆を炒めましょう。

f:id:kitahaku:20200901134642j:plain

インゲン豆に軽く焼き色がついたら、ネギ、鶏肉を加えます。

f:id:kitahaku:20200901134627j:plain

酒、みりん、醤油を加え、じっくり火を通しながら味を絡めます。

f:id:kitahaku:20200901134608j:plain

 

・仕上げ

全体に火が通ったらお皿に盛り付け完成です。

f:id:kitahaku:20200901134552j:plain
ネギの風味がタレと絡んで、とても美味しい(自画自賛)。

丼にしても合いそうです。

 

鶏肉は元気を補うお肉。甘味のある食材なので、お腹まわりに優しく、下痢や帯下、不正出血や食欲不振の時に勧められます。

体が弱い方や、出産された後母乳が出にくい方にも良いとされ、気を整える力もあるのでげっぷやしゃっくりが止まらない時も食べやすいです。

高たんぱく、低カロリー。ビタミンAを含み、コラーゲンもあるのでダイエット中、運動中の方も鶏肉なら食べられるのではないでしょうか。

 

インゲン豆は夏に旬を迎える、元気を補う豆類。さやいんげん、モロッコ隠元とも呼ばれます。

口の中をさっぱりさせる他、食欲不振、お腹が張った感じがする、という時にも良いとされています。

体に熱がこもり、頭が重く感じる時にも勧められる食材で、鶏肉と合わせると気力を補いやすくなります。

たんぱく質カリウム、カルシウム、ビタミン類が主な栄養素。

生で食べてはいけません。肝臓に負担がかかります。

 

ニンニクはスタミナ食材として有名ですね。

こちらも独特の香りが食欲をかきたててくれます。

胃腸を整えるほか、体を温めてくれるので冷えやすい方はストックするのをおすすめします。

硫化アリル、アリシン、アリチアミンなどが主な栄養素。

はちみつと一緒に食べないように。

水毒タイプの方は控えめにしましょう。

補剤を使用されている方は食べてはいけません。

生だと胃腸への負担が強いので、必ず加熱しましょう。

鶏肉と合わせない方が良い説がありますので、気になる方は避けましょう。

幼いお子さんに食べさせる場合、ごく少量にしましょう。

 

ネギは肺に良いとされ、ビタミンA、Cを含んでいるため免疫にも良い影響を与える食材です。

体や手足を温める力があるので、冷房などが辛い方は夏場でも食べてみましょう。

セレン、アリシン、カルシウムにカリウムを含んでいます。

はちみつ、棗と一緒に食べないように。

鶏肉と合わせる場合、しっかり加熱しましょう。

汗が多い場合は使用注意です。

熱っぽくなりやすい方も控えめにしましょう。

幼いお子さんも少量が良いかもしれません。

菌と戦う力があり、ビタミンA、Cが含まれているので、今の段階ではわかりませんが夏場でも勢いがあるかもしれない???コロナうんぬんに負けないよう、積極的に食べたい野菜です。

薬味としてネギリングなどは使いやすいので、かなり有難いのではないでしょうか。

 

米油はγオリザノールを含んだ健康油。オメガ6と9のバランスが良く、何より味にクセがなくあっさりしているので料理、特に和食に使いやすい!

高温加熱処理されたものは毒が発生している可能性が高いので、スチームリファイニング、コールドプレス(低温圧搾とも)などの製造法が理想。

成分表示やJASマーク、あるいは安全基準を満たした、という表示があるかを確認しましょう。

質の良い油は胸やけや油酔いがなく、多少冷めても美味しく頂けるので、安全面だけでない嬉しさがありますよ。

 

 

 

上のサイト様で米油が在庫切れですので、こちらを使用しています。やっぱ売れちゃうんだな……

こちらは楽天さん。

正直紙パックのものの方が光を通さないので(アルミみたいなのを張ってると思います)、より安全だと思いますが、透明ボトルタイプでも光が当たりにくい所に置けば大丈夫だと思います。

 

やっぱり照焼き風の味付けが好きだな~。

モ○バーガー行くとほぼほぼ照焼きチキンバーガーを頼んでしまう。

 

 以上、和食好きに特におすすめなおかずでした。

良ければ参考にしてみて下さい!

では!