くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

「させていただきます」に対する違和感の正体を探ってみた。

昨今あちらこちらで聞く・見る、この言葉。

「させていただきます」

今回料理は出てきません。

最近の日本語について思う所がある、という話です。

 

たとえば。

「こちらの商品をご紹介させていただきます」

「本日の主役をつとめさせていただきます」

「仲良くさせていただいてます」

ずーっと違和感がありました。

まあ私自身も日本語がたまにおかしいし(たまに?)、特に話すとめちゃくちゃになる方なので偉そうには言えないのですが、これやっぱりおかしい日本語だと感じます。

「させていただく」

分解すると「する」と「もらう」になる。

別におかしくはないように感じる。が、

「これこれこういう事情で、家にあがらせていただきたいんですけど」

ちょっと待て。

「もらう」前に、許可を得るために言わなきゃいけないことがあるんじゃないか?

「下さい」って。

もしくは「欲しい」って。

自分本位じゃないか? こういう場合の「頂く」って。

相手の意向を汲まずに、もらう前提で話を進めてるように聞こえる。

食事やプレゼントなら頂く、で合ってると思うけど。 

相手の意思を尊重しつつ、自分の頼みを聞いてもらうなら

「下さい」

「お願いします」

「願えませんか」

「欲しいのですが、いかがですか」

などが合ってる気がする。

言い換えるなら

「これこれこういう事情でお宅にあがりたいのですが、よろしいですか」

これで良いんじゃないだろうか。

ちなみに遠方から「行く」という場合なら「伺います」「お伺いします」が良いと思う。

「いただく」は「もらう」の謙譲語。

「下さる」は「下賜なさる」のややくだけた表現。

つまり「いただく」は自分の視点の言葉。

「私はあなたから贈り物を頂きました」これは合ってると思う。

そして「下さる」は相手の行動に対する言葉。

「あなたは私に贈り物を下さいました」これで合ってると思う。

あかん、ややこしくなってきた。

 

「やらせていただきます」

いや、許可出してない。

そもそもそう決まったんだったら、わざわざ言うことでもない。

へりくだったつもりで嫌みに感じる……。

「いたします」でいいはず。

 

「主演をつとめさせていただきます、何々です」

ではなくて

「主演をつとめます、何々です」

この方がすっきりしていいのに。

 

なぜ嫌みに聞こえる、へりくだってるつもりで偉そうに聞こえるのか?

「させて」はタメ口。

「いただきます」は「もらう」の丁寧語。

タメ口+丁寧語になる。

とってつけた丁寧語っぽいもの、に聞こえるからではないか?

「見させていただきます」

これもタメ口+丁寧語。

きちんとした言葉に言い換えるなら

「拝見します」

「拝見いたします」

などかな。

タメ口だと思ってるけど違うのかな。調べても出てこん……普通の話し言葉だと考えてたけど……。

 

逆の立場なら。

「見ていただければと思います」

これもおかしい。言い換えるなら

「お見せします」

「ご覧ください」

「どうぞご覧ください」……などかな。

これなら、相手の意思に任せているし、丁寧な言葉遣いでしょう。

若い方なら素直に「見て下さい」でも可愛いですね。

あんまり丁寧すぎると距離感が出来ますし。

そもそも「思います」って……そうするならつけなくていい言葉なのでは?

見る、聞く、読む、は相手が決めることなので、自分の行動については言い切ってしまって良いんじゃないか……。

 

「いただければ」は丁寧なようで「私の意思に沿ってね」という印象があるので、人によっては「偉そうな」「こっちの勝手にさせてくれ」「そっちの勝手にしろ」と不快な思いをするのではないかと。

 

敬語や謙譲語は言葉の最初の一文字から変えていく必要があるので、とっさの変換は難しいし、謙譲語と敬語の違いも難しい。私もいまだに混乱しています。

しかも外に出れば当たり前のように「させていただきます」「していただきます」……「いただければと思います」「このようにしていただくと」……説明書にも書かれているくらいです。

もはや日本語迷子状態です。

私も言葉を使い間違えることはあるので、気を付けすぎてその場で固まることもしばしば。やはり偉そうに言ってはいけないのですが。

説明書などであれば、

「こういう仕様でございます」「いたします」

「こうお使いになりますと」「こう使用されれば」「ご使用ください」で充分なはず。

 

似て非なるもの。

私自身は大阪出身なので、「~~はる」という便利な言葉を使います。

「お出かけされた」「出かけられた」は「出かけはった」

「何々された」は「何々しはった」

これは最初の文字を変換することなく丁寧な言葉に出来るのでかなり便利。

「ご覧になる」は「見はる」

「召し上がる」は「食べはる」

もちろん、立場が上の方に使うのははばかられますが、近所の年上の方などに使う分にはちょうどええ、という言葉です。

「昨日何食べはったん~?」「どこ行ってきはったの?」

みたいに使いますね。

関西限定ですが、タメ口+丁寧、というくだけつつの距離感、という意味では似ていますね。非なるものですけど。

 

びっくりした言葉。

「させていただいております」

何重敬語……???

特に仕事での肩書で使ってる方が多いなと思います。

普通に

「〇〇をしております」

「職業は〇〇です」

で良いんじゃないでしょうか。

だって実力で勝ち取った職業なんだし。

誰かの責任のもとで自由にのびのびやってるものではないはず。

職業に誇りや敬意を持つのは良い事で、それを表しているのかもしれませんが、「させていただいてる」は「研修中です」「半分遊びです」みたいに聞こえちゃうので、すっと言ってしまって良いんじゃないだろうか。

もちろん本人にそんな中途半端な気持ちはないと思うので、余計もったいなく感じる……。なんか違うなぁ~と。

 

ラジオを聞きますが、リスナーさんの挨拶で、

「いつも楽しく拝聴させていただいております」

うーん??? 丁寧に聞こえる気もするけど、なんか重いな……

これも何重敬語かわからん。

「先週の放送、とても楽しかったです!」

「いつも楽しく聞いています」

とかではあかんのかな……。かわいいと思うんだけど。

「いつも楽しませてもらってます」

「楽しませていただきました」

これは映画の悪役っぽいな……。そうでもない?

 

何かの大会で。

「優勝させていただきました」

周りが優勝者に気を使って負けたということ?

周りがよっぽど弱かったということ?

この優勝者は社会的地位がめちゃくちゃ高いのか、あるいはめちゃくちゃ低いのか。

そもそも社会的地位ってのも難しいな。役割は変化するから固執する意味もない気もするし。男女でまた意見が変わると思うので、色々考える部分でもある。

「優勝しました!」

の方が気持ちいい気がするけどなぁ~。

 

しかし。

本当に丁寧な気持ちで使ってる人からは、嫌みを感じないんですよね、この「させていただきます」「していただいて」は。

気持ちが大事だよ……と言いたいのはやまやまですが……。

 

「仲良くさせていただいてます」

「仲良くしていただいてます」

いやもう、相手と君は、どれだけ地位が離れているんだい?

それって仲良しなの?

「いいお付き合いが出来ています」とか

「仲良いです」

で良いんじゃないの?

だってするしないの問題ちゃうやん、友情なら。いや上下関係だとしても。

させて、して、あげる、もらう、の関係じゃないと思うねんけどな~。

自然と良い付き合いになるものやん。磁石みたいにしっくり、というか。

なんか寂しくないですか? と感じてしまう。

  

ちなみに、「させていただく」というのは確かにあります。広辞苑によれば、

”相手の指示を頂戴してするという卑下した形で自分の動作を謙遜した意を表す。

最初、上下関係を強く意識する社会で使われ、第二次世界大戦後一般に広がった言い方。”……ということです。

そう考えるとおかしいとは言い切れないのでしょうが……。

映画などのシーンで、字幕で見てて違和感がないものもあります。

自分の意志を成し遂げるために、上司などの相手に強く出るシーン。

こういう時は「させていただく」が良い意味で力強く感じます。

これは上記に合ってるからかな、と思います。

 

そう考えると、「させていただきます」は、相手……たとえば私が誰かにそう言われたとして。

「私そこまで偉い人ちゃうねんけど」とか、

「そこまで意固地に反対してないけど」や、

「いちいち許可いる話なん?」

「YOU、もらってばっかりやな」

「なんで与え続けなあかんの?」

「もらうもらう、言いなさんな。物乞いみたいやで。物乞いと違って自分で買えるでしょ! 物乞いってしんどいねんで! 彼ら(物乞い)に失礼やぞ!」

という感じでひっかかっていたのかもしれない。

 

まとめ。

まあ変な意見になってしまいました。言葉というのは非常に難しいっす。

いわゆる「時と場合による」というやつで、使いようによって違和感があったりしっくりきたり。まー素直じゃないね! すっと流せばいいのにね!

でも日本語大好きだから! というか「言葉」が好きだから気になっちゃう!

 

あくまでも個人的な意見です。

お読み下さった方、ありがとうございます!

雨が続く日は、水毒、梅雨のレシピをぜひお役立て下さい!

ではでは~!