くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

ダージリンを淹れる

基礎ざらい3!

今回はこちらです。

 

f:id:kitahaku:20200831093039j:plain

茶葉の香りは「お茶」感が強く、いい意味で渋く、甘い。

 

ではさっそく淹れてみましょう。

 

材料 1杯分

・紅茶葉 ティーバッグ1袋

・急須 もしくは ティーポット

カップ

・茶こし もしくはティーストレーナー

・お湯 120㎖と急須を温める分120㎖

 

工程

・湯を沸かす

鍋(ミルクパン)に20~30cmの高さから水を260㎖注ぎます。

(蒸発するかもしれないのでちょっと多めです)

泡がぼこぼこしない程度に沸いたら、急須に注ぎ、温めて湯を捨てます。

f:id:kitahaku:20200831093019j:plain

・淹れる

茶葉を急須に入れます。

f:id:kitahaku:20200831093000j:plain
今までとちょっと違う! 白いのが混じってる!

 

湯を20~30cmの高さから注ぎ、茶葉が浮いてきたら蓋をします。

f:id:kitahaku:20200831092944j:plain
好きな紅茶色になるまで待ちましょう。

 

今回はジャンピングが上手く行きました。

ジャンピングしなくても大丈夫らしいのですが、見てて楽しいのでやっぱりうまく行くと嬉しいですね。

 

カップに注いで完成

茶こしで茶葉を受け止め、注ぎます。

f:id:kitahaku:20200831092921j:plain

ストレートティーの完成です。

f:id:kitahaku:20200831092902j:plain

色は透き通った深い茶色。

めちゃキレイです。

 

香りはすごい落ち着く「お茶」香。

華やか~みたいなものではありませんが、ほっと一息、に良い感じ。

 

味は渋みがベースにあって、酸味がわずか。黒糖のような甘味が最後にまとめてくれます。

甘味料なしで甘く、渋みも嫌みがないので飲みやすいです。

ごくごくいける、というよりはじっくり飲みたい感じ。

シンプルなクッキーとか合いそうだな、これ。

 

・マイカイカを浮かべる

f:id:kitahaku:20200831092845j:plain


香りはストレートなバラ様(よう)。

バラ様なので華やかで甘いのですが、しかし飾り気のないキリっとした香りになりました。

味は酸味が増したかな。

すっきりした甘さ・味わいに変化。不思議だ……。

 

キリっとして飾り気はないのですが、品があって凛々しい味、香り。

フェンシングやってるお嬢様という感じ。(?)

 

他の紅茶に比べると、すごく体が温まるな、と感じましたね。

味わいもまったり系ですし、秋とか冬に向いていそうです。

あとすごいお腹がすく。

 

紅茶は「温」性質で、体を温める力を持っています。

ビタミンはA~Pまで、タンニンにポリフェノールアスパラギン酸などを含んでいます。冷えやすい方におすすめなお茶で、タンニンはカテキンの総称ですから菌対策にも一役買います。

タンニンは鉄分の吸収を悪くしてしまうので、生理前、生理中、血虚(血が不足した状態)の方は控えましょう。

 

イカイカは別名「はまなす」「ジャパニーズ・ローズ」とも呼ばれ、「ローズヒップ」の母体の花でもあります。

蕾の状態で摘み、乾燥させたものなので香りは若々しく、甘いバラの香り。

こちらも体を温める力があり、生理前や排卵などで胸が張って痛い時などに食べると痛みがマシになるなど、バストケアにも良い花です。個人的な意見ですが、けっこう楽になります。

「気」という人体を支えるエネルギー。これが滞ると鬱憤がたまってる、などと言う状態になります。

これをうまく巡らせ、体や心を良い状態にするのが香りの良いもの。マイカイカはその一つで、食べるのは苦くてちょっと……という方でもサシェなどにして枕元に置くなどアロマテラピーとしても使えます。

ビタミンC、B2、βカロテンなどなど。

健康にももちろんですが、美容にも嬉しい成分が多く、生理不順にも良いとされている、女性にとって心強いスーパーフラワーです。

こちらもタンニンが含まれているので、使うタイミングは選ぶかもしれません。

1日あたり大きい物は1輪、小さい物は3輪ほどが目安です。

 

 アマゾンさん。

生活の木 ローズ・レッド(従来農法品) 100g

生活の木 ローズ・レッド(従来農法品) 100g

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

 

うーん、さすがダージリンは色んな商品に使われるだけあって、雑味のないストレートな味わいが印象的でした。

紅茶の甘い感じが苦手な男性もこれなら飲みやすいのではないでしょうか?

それに日本人でも馴染みやすい「お茶」という感じがあるので、入門としても良いんじゃないかな……。アレンジも効きますしね。

 

しかしジャムとかも入れてみたい。ピーチティーとかにしてみたい。

あかん、すごいよ、紅茶の世界は。迷子になるのも面白いよ!

 

かなり自由度が高い紅茶の世界。

良ければ参考にしてみて下さい。

ではでは~。