くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

アップルティー、レモンティーを淹れる

日東紅茶のこちらです。

今回は2種類いってみましょう。

f:id:kitahaku:20200828153805j:plain

f:id:kitahaku:20200828153747j:plain


同じように淹れております。

ティーバッグタイプなのにわざわざハサミを入れるヒネクレモノな私です。

 

材料 1杯分

ティーバッグ 1袋分

・急須 もしくは ティーポット

・茶こし もしくは ティーストレーナー

カップ

・水 120㎖と急須を温める分120㎖ほど。

 

 

工程 (画像はアップルティーのもの)

・湯を沸かす

高さ20~30cm上から鍋に水を入れます。

それを火にかけ、ぼこぼこ泡が立たない程度の湯にしましょう。

 

・茶葉を入れる

湯を急須に注ぎ、温めたら湯を捨てます。

茶葉を急須に開け、高さ20~30cm上から湯を注ぎます。

f:id:kitahaku:20200828153726j:plain

f:id:kitahaku:20200828153706j:plain

茶葉が浮いてきたら蓋をし、好きな紅茶色になるまで待ちます。

f:id:kitahaku:20200828153644j:plain

カップに注いで完成

茶こしで茶葉を受け止めながら注ぎましょう。

f:id:kitahaku:20200828153622j:plain
紅茶が入りました。

 

それでは2つの感想を。

 

アップルティー

淹れる前の茶葉の香りは軽やかな紅茶に、甘そうなリンゴの香り。

f:id:kitahaku:20200828153601j:plain
色は深いブラウン。

 

淹れるとリンゴの柔らかい、まろっとした甘い香りになります。

ちょっとミルキーな感じもありますね。

 

味は香りとイメージが違い、苦みがあってすっきり系。

飲みやすい苦みなので、すいすい~っと入ってきますね。

 

せっかくなのでマイカイカを入れてみました。

f:id:kitahaku:20200828153542j:plain

フレーバーティーにフレーバーを足すってどうよ、と思いながらもこれけっこうアリだ。

バラの香りが強く出るな、という印象。

味はあまり変わらないです。

 

 

レモンティー

すっきりした紅茶の葉、という香り。レモン感はないですね。

 

お湯を注いだ瞬間、レモンのお菓子みたいな香りが立ち上ってきます。蓋をすると目立たなくなるので、やっぱこの急須優秀だなぁ。

f:id:kitahaku:20200828153523j:plain

色はスモークがかった色合いですね。

 

淹れた後の香りはレモンのとがった感じがなくなり、紅茶となじんでいます。

 

味はレモンということで、鋭いのかな~と思っていましたがまろやか系。

ぼんやりスモーキーな感じもあります。

レモンは酸味ではなく、爽やかな味を出しています。

 

レモンティーにマイカイカ……不安しかありませんが、意外性の高い紅茶の世界なので、先入観は捨てます。

f:id:kitahaku:20200828153503j:plain

えっ!?

レモンの香りが、引き立っている……!?

バラっぽい香りがある中、レモンが勝っています。不思議すぎる!

味も爽やかさが増し、美味しい。

しかし時間が経つと渋みが出てきますね……。

 

やっぱり意外性の世界やわ。油断出来ひん。

 

 

紅茶は体を温める力を持っており、季節で言えば秋冬がおすすめ。

冷えやすい方には通年勧められるお茶ですね。

消化を促進し、胃腸に働きかけます。

冷えた時の下痢の際にも良いとされる他、頭部の余計な熱を取るので眩暈や頭痛の緩和にも◎、とされています。

タンニンはカテキンの総称、これは菌対策にも良いとされ、これを摂った後に運動をすると脂肪を分解してくれるものになります。

飲めばいいわけでなく、その後の軽い運動が良いということですね。

たんぱく質ポリフェノール、ビタミンはAからP、食物繊維などが主な栄養素。

カフェインも含んでいます。

タンニンは力持ちでありがたい成分ですが、鉄分の吸収を阻害してしまうのが難点。

生理前、生理中、血虚といって血液が不足した状態の方は控えましょう。

砂糖と合わせると効果が薄れると考えられています。気になる方はストレートが良いでしょう。

胃が荒れやすい方ははちみつ入りミルクティーにすると負担が減ります。

よっぽど胃が荒れている場合はお茶類は飲まないようにしましょう。

 

ちなみにミルクを先に入れる方が、牛乳たんぱくの変性がないのでおすすめだそうです。

 

イカイカはイライラ~などの際に良いとされる、気を促す食材。

日本各地で自生しているバラで、ローズヒップの母体の花でもあります。

蕾の時に摘まれ、乾燥させているので若々しいバラの香りが特徴。

こちらも体を温める力を持っています。

体の内側から痛みなどを取るとされ、特に生理前の胸が張って痛い時など、それの緩和をしてくれます。

ビタミンC、B2、βカロテン、リンゴ酸、タンニン、イソクエルセチン、リュペンなど栄養素は豊富。

1日大きなものなら1輪、小さなものなら3輪ほどが目安。

アマゾンが悪いわけではないですが、種子となるとカテゴリーが一緒になるので、ちょっと控えようかと。綿棒も送ってくるとかあの国は一体……。

アマゾンの商品の品ぞろえはさすがなので、安心を期待して待ちます。

 

 

今回のフレーバーティーは香料ですし、大豆由来とも書かれていたのでリンゴとレモンのことは書かないでおきましょう。

また利尿作用があるので、夏場はちょっと心配なところ。

飲み過ぎないよう、ティータイムでじっくりまったり楽しむようにして、菌対策しながらコロナうんぬんの今夏を乗り切りましょう。

 

 

てかなんでこのコロナ騒ぎで、ワイドショーとか免疫系の話をしなかったのかね……。

栄養にもならなさそうなものを時短レシピ~!とか言って紹介はしてましたが。

料理で得られる栄養、免疫のメカニズムを説明しても良いだろうに。

これは薬機法のしばりのないとこがやってくれんと。

地方ローカルとかは運動とか教えてくれたけど……いや、私がたまたま見なかっただけで、普通のとこでもやってたんですかね?

テレビ・ラジオ各局が一体だれのために番組を作ってるのか。

なんだかなぁ。

 

 

 

日東紅茶のバラエティパックを飲み切りました。

紅茶は色んなブランドがあるので、また機会があったら試してみようと思います。

お読み下さりありがとうございました!

紅茶もぜひ活用し、おうち時間を有意義なものにしてみて下さいね。

ではでは~!