くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

台湾茶 四季春茶を淹れる

今回はこちら。

f:id:kitahaku:20200827151314j:plain

どの季節で摘んでも美味しく飲める、というので「四季春茶」と名付けられた風流な茶葉。てっきり四季折々の茶葉なんだと思ってました……。 

f:id:kitahaku:20200827151250j:plain

茶葉の香りは日本の緑茶に似てる気がします。渋いというか。

ちょっと出汁っぽい感じも???

 

1煎目

沸騰した湯を急須、湯呑みに注いで温め、捨てます。

急須に茶葉を入れ、湯を注いで蓋をし、1分ほど蒸らします。

茶葉の広がっていく様子が面白かったですね。透明急須の特権♪ 

f:id:kitahaku:20200827151234j:plain

f:id:kitahaku:20200827151213j:plain

1煎目が入りました。

色は白っぽい、レモンイエローのような爽やかな色。

 

香りはかなり柔らかく、砂糖菓子のような甘さもあります。

茶葉の時と印象ががらりと変わりましたね。

 

味は甘さの芯が強い!

それでいてすっきりと飲みやすいので嫌みが全くありません。

緑茶とウーロン茶の中間のような後味がします。

これ単体でスイーツのような味わいですから、ゼリーにしても美味しそうです。

 

2煎目

湯を注いで20秒蒸らします。 

f:id:kitahaku:20200827151151j:plain



爽やかなウーロン茶な香りが強く出ました。

 

味わいはキリっと引き締まった感じ。

 

3煎目

湯を注いで45秒蒸らします。 

f:id:kitahaku:20200827151128j:plain

香りには尖った部分ががなくなり、渋みが出たかな、という印象。

 

味はまる~くなりましたね。

 

4煎目

湯を注いで1分20秒蒸らします。

f:id:kitahaku:20200827151111j:plain

かなりまろやかな香り。

 

味はさすがに薄くなりましたが、まったり系な甘味が出ています。

4煎目美味しい~!

1煎目の次に好きです。

 

5煎目

湯を注いで2分20秒蒸らします。

f:id:kitahaku:20200827151050j:plain

1煎目から徐々に色が濃くなりました。

4煎目と似た香り。へたっていないどころか、少し深みが増したように感じます。

 

味は薄いのですが口当たりがなめらかに。これはこれでアリですね。

f:id:kitahaku:20200827151032j:plain

電気消したら陽の光で良い感じの陰影が出た……!って自己満足。

 

最後は水出し

水を入れて7分ほど放置。

f:id:kitahaku:20200827151011j:plain

うーん……香りはしませんね。

味もしない???

水出しはちょっと失敗しましたかね。(;´Д`)

 

開ききった茶葉。

f:id:kitahaku:20200827150947j:plain
渋い香りの中にほのか~に甘い香りがします。

嫌みがないので、よく乾燥させて消臭剤として本棚にでも入れようかな。

 

まとめ 

全体的に花のような後味があり、非常に可愛らしいお茶、という感じでした。

最初の茶葉の香りとのギャップがあり、いい意味で裏切られた感。

色がめちゃくちゃ綺麗で、ずっとクリア―な色合いを保っているのにも驚き。

 

これはウーロン茶ですが、色や味わいからすると発酵はそれほど……なのかもしれません。

性質は「涼」に近そうですから、四季春茶の名にふさわしく、春に飲みたいお茶ですね。

桜見ながら……桜餅片手に……合いそう。

 

お茶類は胃、心臓、肺に働きかけます。

頭部の暑さを取り、すっきりさせてくれるので目が熱い時などにも良いとされています。

口の渇きを潤し、イライラを鎮めるともされています。お茶類のリラックス効果は有名ですね。

消化を促し、体内の水分を巡らせ排泄を促す力もあります。

ビタミンAからPまでを含むほか、ポリフェノールにカフェイン、食物繊維なども含んでいます。

栄養の塊みたいなものですが、注意点もちらほら。

利尿作用があるのでがぶ飲みは控えましょう。

胃腸が荒れている場合はおすすめ出来ません。

アルコールと一緒に摂ると血管が刺激され心臓に負担がかかる可能性があります。酔いやすい方、運動後、お風呂の後などは合わせて飲んではいけません。

砂糖と一緒に摂ると効果が薄まると考えられています。

お茶類に含まれるタンニンは鉄分の吸収を阻害してしまう可能性があります。血虚の方、生理前、生理中の方、鉄剤を飲んでいる方は控えましょう。

シメチジン入りの胃腸薬を飲んでいる方は避けましょう。

カフェインが含まれているので注意しましょう。

(タンニンはカテキンの総称なので、菌対策には良いものです)

 

 アマゾンで購入しました。

 原産は台湾、輸入者は日本の山口県なので「中国からの種子問題」は関係ないと思いたいのですが、どうなんでしょう。

もし届いたら「植物防疫所」に相談を、ということです。

くれぐれもお気を付けください!

 

 

台湾茶ってやっぱり面白いな~。

日本のスーパーなどでも手に入りやすいものもあるので、ご興味ありましたらぜひ。

選ぶ際の参考になれば幸いです。

 

夏なので、「津液虚」になりやすい季節です。

ちょっとへばっておりました。

良ければ体質チェックをして、今の体調を知る手がかりにしてみて下さい。 

kuriya-kitahaku.hatenablog.com

 

ではでは。