くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

秋におすすめ! エノキの白和え

豆腐やエノキはまだ暑さの残る秋におすすめです。

f:id:kitahaku:20200913102606j:plain

この組み合わせは相性が良いので、シンプルな味付けでしっかり食べれるようにしてみました。

 

材料 4人分

・エノキ 1袋

・人参 2分の1

・豆腐(今回は絹ごしを使用しておりますが、木綿がおすすめです) 1丁

・酒(日本酒でも料理酒でも可) 大さじ1

・砂糖 小さじ2 と 大さじ1

・醤油 大さじ1 と 小さじ2

・塩 少々

・白ごま お好みで(常識はずれな量は体に負担となります)

 

工程

・下ごしらえ

人参をよく洗って、皮の汚い部分だけ包丁の背でそいで薄めに切り、千切りにします。

f:id:kitahaku:20200913103521j:plain

エノキを縦に切れ目を入れ、石突を落として半分に切りましょう。

 f:id:kitahaku:20200913103503j:plain

 

・煮る

人参、エノキを鍋に入れ、全体が浸る程度に水を入れます。

酒を入れて強火で加熱。

f:id:kitahaku:20200913103443j:plain

煮立ったら中火にして5分ほど煮ます。

砂糖小さじ2、醤油大さじ1の順番で味付けし、混ぜながら汁気を飛ばしましょう。

(けっこう時間がかかります)

f:id:kitahaku:20200913103410j:plain

エノキに色がついたらザルにあげ、汁気を切ります。

f:id:kitahaku:20200913103204j:plain

 

・潰す

豆腐をキッチンペーパーに包み、タッパーなどのレンジOKの容器に入れます。

f:id:kitahaku:20200913103425j:plain

電子レンジ600wで約3分ほど加熱し、水分を吸い取ります。

豆腐の水分を切ったら皿に入れましょう。

f:id:kitahaku:20200913103353j:plain

 

ごまをすり鉢に入れ、すり潰します。

f:id:kitahaku:20200913103336j:plain

それを豆腐と合わせ、豆腐をつぶしながら和えます。 

f:id:kitahaku:20200913102727j:plain

そこに塩少々、砂糖大さじ1、醤油小さじ2で味付け。

f:id:kitahaku:20200913102641j:plain

よく混ぜましょう。

 

・仕上げ

人参とエノキを豆腐に混ぜ合わせます。 

f:id:kitahaku:20200913102625j:plain

これで完成。

f:id:kitahaku:20200913102335j:plain

甘味が勝ちますが嫌みはなく、非常に食べやすい味になりました。

豆腐やエノキは体の熱を取る力があり、まだ暑さの残る秋に良い食材です。

色も白なので秋に負担のかかりやすい肺に働きかけますから、今の内に食べて秋の体に仕上げていきましょう。

 

白ごまですが、これはすり潰すことでやっと中の栄養を取り入れることが出来る、と言われています。

噛んで食べるにはちょっと小さいので、すり潰した方が効率的。

また購入の際は「すりごま」ではなく「いりごま」の方が個人的にはおすすめです。

というのも、ごまに含まれる「セサミン」は加熱により量が増えるとされており、更につぶれていないということは油分が酸化しにくい状態であるということです。

すり鉢がない場合、ごまをラップや清潔な袋に入れて、ビンなどの固いもので潰すのが良いと思います。

黒ごまと白ごまの違いは性質。

黒は「平」ですが、白は「寒」になります。

冷えやすい方には黒がおすすめ、熱っぽくなりやすい方は白がおすすめ。

黒は肝臓、腎臓、大腸に働きかけます。

白は肺、脾臓、大腸に働きかけます。

肝臓や腎臓のケアをしたい方は黒を選ぶと良いでしょう。

お肌の乾燥やが気になる方や、気を巡らせたい方は白をお勧めします。

しかし主な栄養成分は同じ。

ビタミンE、B1、鉄、カルシウム、セサミン、ゴマリグナン、セレン、オレイン酸リノール酸リノレン酸

酸化したものは体に悪影響がありますので、変な匂いがするもの、古くなっているものは決して使わないようにしましょう。

 

 

 

夜は冷えるようになったかと思えば暑さが戻ったり。

今年の秋は短く、気づいたら冬の寒さになるらしいので体調に気を付けて参りましょう。

ではでは。