くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

体ぽかぽか、鱈の蒸し焼き

朝夕かなり冷え込むようになってきましたね。

今の内から体を温める食材を食べて、本格的な冬の到来に備えましょう。 

f:id:kitahaku:20201117103615j:plain

 

材料 4人分

・だし昆布 20gほど

・椎茸 4つ

・タラ 切り身 4つ

・玉ねぎ 中サイズ 2個

・無塩バター 30gほど

・酒 大さじ1

・水 50㎖

・ポン酢(醤油ポン酢) お好みで

 

工程

・下ごしらえ

大き目のフライパンに昆布を敷きます。

f:id:kitahaku:20201117103823j:plain

玉ねぎをスライスします。

 

椎茸の石突を落とし、カサをぽんぽん叩いて汚れを落としたら、玉ねぎと同じようにスライスしましょう。

 

タラを流水でよく洗って、キッチンペーパーで水気をよく取ります。

 

・蒸す

昆布の上に玉ねぎを並べます。

f:id:kitahaku:20201117103805j:plain

タラを置いていきましょう。

f:id:kitahaku:20201117103751j:plain

その上に椎茸を並べたら、水、酒をかけ入れて蓋をします。

f:id:kitahaku:20201117103731j:plain

弱中火にかけ、10分ほど蒸し焼きにしましょう。

f:id:kitahaku:20201117103707j:plain

 

・仕上げ

全体に火が通ったらバターをのせます。

f:id:kitahaku:20201117103648j:plain

バターを溶かしつつ馴染ませ、溶けきったらお皿に盛り付けます。

f:id:kitahaku:20201117103631j:plain

ポン酢をかけて完成です。

f:id:kitahaku:20201117103615j:plain

バターを最後に入れることで、まろやかな甘味になり全体が上手くまとまります。

ポン酢であっさりになるので見た目ほど重くありません。

 

参考までに。この減塩ポン酢美味しいです!

 

 

タラは体を温める力があるとされ、気と血を補うとされています。

便の出が悪い……という時や眩暈がある時などにも勧められており、血の巡りも促す他、五行でいえば塩味でありながらカリウムが豊富な点も魅力。

血圧高いかも、という方にとっては有難い食材です。

たんぱく質カリウムビタミンD,E、タウリンなどが主な栄養成分。

カリウムは余計な塩分を排泄しやすくしてくれるため、血圧高めの人は塩分・カリウムのバランスを意識した方がいい、と言われています)

含まれるイノシン酸は分解が早いので、時間が経つと独特な匂いになります。

新鮮なものを選ぶようにしましょう。

 

 

うちの父が去年の初夏に血圧関係で倒れ、早い話が血管がパーンってなったんですが、醤油たっぷりの食事の後にお茶づけを食べるという、一日の塩分摂取目安を夜だけで軽く超える生活してりゃ、そうなるわ……と。

皆で何回も注意してたんだけどなぁ。

伝家の宝刀「これが楽しみで仕事してる」

誰もそっから何も言えなくなるよね。

心配したけど同時に納得もするという感じだったのですが、それからは大人しく薄味に切り替え、慣れたようです。

私自身が和漢薬膳を始めたのはその年の冬からで、色々身についてきたので母にこの食材が血管と血に良い、と伝えて父も知らず知らず和漢薬膳を食べて半年。

倒れてからは一年半。やっけ?

病院で診てもらったところ、血管の壁の裂けた部分の半分が修復出来ていたようです。

和漢薬膳の効果があったかはもちろん不明ですが。あると思いたいけど。

いや~、食事って怖いよ。

怖いけど、食生活のコントロールが出来るようになったら、やっぱ食事って有難い。

食べるもののダメージは体に蓄積するものです。

若いから大丈夫、ということはないので、色々調べて、信頼できそうな情報はぜひ活かしていってください。

 

 

ではでは~。