くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

体あったかネギと豚肉の味噌煮込み

体を温めるネギと、体を潤す豚肉で冬(と、コロナうんぬん)を乗り切れる体を目指そう!

f:id:kitahaku:20210109103007j:plain

というわけで簡単な味噌煮込みです。

副菜としても出しやすいものになっているので、ぜひ作ってみて下さい。

 

材料 小鍋1つ分

・白ネギ 1本

・豚バラ肉 220gほど

(焼き肉用のものを使いましたが、ブロック状のものの方がビタミンが逃げにくくて良いかと思います。厚みのあるものを選んでください)

・酒 大さじ1

・水 200㎖

・味噌 大さじ2

・豆板醤 大さじ1

 

工程

・下ごしらえ

ネギを5cmほどの長さに切ります。

f:id:kitahaku:20210109103326j:plain

豚肉を一口大に切ります。

f:id:kitahaku:20210109103309j:plain

 

味噌と豆板醤を混ぜ合わせておきましょう。

f:id:kitahaku:20210109103341j:plain

 

ネギをグリルに並べ、焼き色がつくまで火にかけます。

f:id:kitahaku:20210109103255j:plain

 

煮込む用とは別の鍋で湯を沸かし、豚肉の色が変わるまで湯がいて、湯を切りましょう。

f:id:kitahaku:20210109103231j:plain

 

・煮込んで完成

鍋にネギ、豚肉を並べて水と酒を入れます。

f:id:kitahaku:20210109103214j:plain

中火にかけ、沸騰したら火を消して味噌・豆板醤を溶き入れます。

f:id:kitahaku:20210109103200j:plain

味見して問題なければ最弱火にかけ、蓋をして30分ほど煮込みましょう。

f:id:kitahaku:20210109103105j:plain

今回のお味噌に関しては多少ぐつぐつさせても大丈夫です。

 

ネギがくたくたになり、味噌を吸っていれば完成です。 

f:id:kitahaku:20210109103020j:plain

時間はかかりますが工程は簡単です。

手軽に作れて体もぽかぽかあったかくなります。

ネギと豚肉が甘味を持っているので、辛味が苦手な人でも食べやすくなっています。

ただし幼いお子さんに食べさせる場合、豆板醤を少なくした方が無難です!

もやしを入れてもOK!この場合、ブラックマッペが良く、大豆もやしは避けた方が良いでしょう。

 

 

コロナうんぬんが広がりを見せており、ワクチンもまだですからその間自分で出来ることの一つとして、ネギなどビタミンAを含んだものを食べて免疫を鍛えるのもアリだと思います。

ネギは体を温めますし、肺に働きかけるほか菌対策にも良い食材なので、お鍋シーズンである今は薬味としても積極的に使いましょう。

主な栄養成分はアリシン、セレン、ビタミンA・C、カルシウム、カリウムなど。

はちみつと一緒に用いてはいけません。

汗っかきである場合、食べない方が良いでしょう。

 

 

豚肉は体を潤すお肉です。

乾燥も感染リスクをあげますから、これを食べることで体を内側から潤して守るようにしましょう。

病後食としても良く、体力を取り戻す助けになってくれます。

主な栄養成分はビタミンB1、たんぱく質、ミネラル、鉄分。

子供は多食してはいけない、とされています。

梅、大黄、ロバ、牛肉、羊肉、大豆、パクチーと一緒に食べない方がいい、とされています。

主な栄養であるビタミンが熱で破壊されたり、スープなどに流れてしまうのですが、弱火で煮込めば必須アミノ酸は増えてカロリーは減る、という説もあるようです。

どちらにせよビタミンは減りますが……(;'∀')

 

 

 

辛味は手っ取り早く体を温めてくれます。

ピリ辛は普段食べない、という方もチャレンジしてみませんか?

 

ではでは。