くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

春のホタテ炊き込みご飯

f:id:kitahaku:20210407101949j:plain

こちらでは桜の花があっという間に咲いて、あっという間に散りました。

なんか今年急ぎすぎやで……!

というわけで春らしい色合いをごはんで楽しむことといたしました。

 

材料 4人分

・米 3合分

・水 3合分

・ホタテ貝柱 100gほど

・アスパラガス 4本

・人参 1本

かつお・昆布出汁のもと 共に顆粒タイプ 1本(5g)

・酒 大さじ1

・醤油 大さじ1

(我が家では減塩醤油使用のため大さじ2を入れています)

 

工程

・下ごしらえ

お米を洗っておかまに入れます。水も張りましょう。

かつお・昆布出汁のもと、酒、醤油を入れてよく混ぜます。 

f:id:kitahaku:20210407102349j:plain

人参を薄目のいちょう切りにします。

f:id:kitahaku:20210407102406j:plain

 

・炊く

人参、ホタテをお米の上に乗せます。

f:id:kitahaku:20210407102332j:plain

炊き込みモードでスイッチオン。

 

炊きあがる前にアスパラガスの筋を取ります。

f:id:kitahaku:20210407102039j:plain

これを1cmほどの間隔で切り、軽く水をふってラップに包みます。

電子レンジ600Wで1分半ほど温めます。

 

・仕上げ

ごはんが炊き上がりました。

アスパラガスを入れ、ホタテをほぐすようによく混ぜます。

f:id:kitahaku:20210407102020j:plain

 

2~3分ほど蒸らして、アスパラガスにも味をなじませたら完成。

f:id:kitahaku:20210407102004j:plain

アスパラガスのほんのり苦味がいい感じ!海鮮系がメインなのであっさり頂けます。

 

 

ホタテは体温を左右しない平性食材。

これからの時期に旬となり、複数人数でお住まいでも出しやすい食材です。

体を内側から潤し、胃の働きが鈍い時などにもおすすめされています。

日本人大好きアミノ酸グルタミン酸コハク酸タウリンが主な栄養成分。

ちなみにウロと呼ばれる中腸線は食べても美味しくなく、毒素、重金属が含まれている可能性があるので避けるようにしましょう。

 

 

アスパラガスも体を潤す食材。

体を温める説と、冷やす説があるので下痢気味の方は注意しましょう。

これも春が旬です。

春なのでグリーンアスパラ推しです。ホワイトは秋が良いかと思います。

ビタミンA、B、C、カロテン、アスパラギン酸が主な栄養成分。

けつ圧、心臓、膀胱、肝臓、動脈、神経などに不安がある方にお勧めされている食材。今回ちょっと苦味がありましたが、大体甘くクセのない味なので、上記当てはまる方は意識的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

雨が続く日にはちょっとおすすめ出来ませんが、春らしさを味わえるメニューです。

良ければ作ってみて下さい!

ではでは。