くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

梅雨に向けて体の準備! ナスともやしのポン酢和え

f:id:kitahaku:20210510101538j:plain

本格的な梅雨入り前に、体液の巡りを促す準備運動ならぬ準備食です。

体を冷やす力が強いメニューなので暑い日にもおすすめ。

 

材料 4人分

・ナス 2本

・緑豆もやし 一袋

・人参 2分の1

以下ポン酢の材料。

・エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2

・醤油 大さじ2~3

・レモン果汁 小さじ2~3

・はちみつ 小さじ1~2

 

工程

・下ごしらえ

ポン酢の材料をすべて混ぜ合わせます。味見必須です。

写真撮り忘れました。(;'∀')

 

ナスを洗って、斜めに包丁を入れて縦半分に切ります。

f:id:kitahaku:20210510101650j:plain

 

人参はピーラーで薄く。

f:id:kitahaku:20210510101635j:plain

 

・蒸す

レンジでもいいのですが、今回は蒸すことにしました。

大き目のフライパンに水を入れ、上にシリコン製の穴あきシート。そこに野菜類を並べます。

f:id:kitahaku:20210510101610j:plain

フタをして、中~強火にかけて5~10分ほど。

 

・仕上げ

f:id:kitahaku:20210510101554j:plain

蒸しあがったらお皿に盛り付け、ポン酢をかけて完成です。

f:id:kitahaku:20210510101538j:plain

ポン酢は作り立て、添加物も入らないので後味がしつこくなくいい感じ。

はちみつを大量に入れると水毒になりやすくなってしまいますので、多くても大さじ1までに留めましょう。

 

もやしとナスが今回のポイント。

いずれも体の水分の巡りを促し、排せつしやすくしてくれるので、梅雨の時期・雨の日に体が重く感じる方におすすめです。

ただし体を冷やす力が強いため、冷えやすい方や下痢しやすい方は控えめに。

ミョウガなどの温めるものと合わせれば冷やす力が緩和されますので、これを加えても良いと思います。

ネギははちみつと相性が悪いので、ネギを入れるならはちみつをやめましょう黒砂糖なら体を温めるのでこれはこれで良しです。

 

ナスはなるべく皮をむかないようにしましょう。この皮の部分にアントシアニンが含まれています。

またあく抜きもしない調理になっていますので、切ったらすぐ加熱できるように整えておいてください。

 

最後に、今回はオリーブオイル推しです。

梅雨の時期や季節替わりには胃腸がやられることが多くなります。

オリーブオイルは肺だけでなく胃のケアにもなるので、ぜひ使ってみて下さい。 

オリーブジュース100%オイル【キヨエ】

これお勧めです。↑

 

 

一度の食事で体質ががらっと変わるわけではないので、少しずつ水毒解消の食事を意識して取り入れてみて下さい。

基本は旬のものを食べるようにしておけば、季節に合わせた体になります。

 

ではでは。