くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

梅雨に食べよう。鶏肉とアスパラガスのポン酢炒め

f:id:kitahaku:20210520101617j:plain

今年の梅雨入りは早いですね!

それに家にいる時間が長くなっているので、季節感があまりない気もします(;'∀')

しかし体は季節や天気を感じ取り、体調も変化していきます。

旬のものを取り入れて体を季節に合わせていきましょう。

 

材料 4人分

・鶏肉(今回はセセリ使用)200gほど

・アスパラガス 7本ほど

・エクストラバージンオリーブオイル 大さじ1

・ポン酢 大さじ2

・(お好みで)黒コショウ 少々

 

工程

・下ごしらえ

アスパラガスの根の部分を1cmほど切り落とし、ピーラーですじを取ります。

f:id:kitahaku:20210520101708j:plain

3等分に切り分けたらラップにくるみ、水分を少量足して、レンジで加熱。

600wで1分ほど。

 

セセリ(もちろん他の部位でも可)もアスパラガスに合わせた、食べやすい大きさに切ります。

水毒状態(雨が降ると体が重くなったり、頭痛肩こりが出る)が重い方は脂肪分を取り除きましょう。

 

・炒める

フライパンにオリーブオイルを引き、中火で加熱。

フライパンが熱されたら鶏肉を入れ、しっかり炒めます。

f:id:kitahaku:20210520101652j:plain

色が変わったらアスパラガスを投入。

f:id:kitahaku:20210520101637j:plain

油を全体に回しましょう。

 

・仕上げ

ポン酢をかけ入れ、全体になじませます。

お皿に盛り付けて完成。 

f:id:kitahaku:20210520101617j:plain

非常~に気楽にできる料理です。

アスパラガスとポン酢の相性がよく、植物食べてる感が出るのでけっこうお気に入り。

 

黒コショウをかけると味が引き締まるので、お好みに合わせてどうぞ。

(コショウは血圧を高める作用があるため、高血圧の方は塩以上に注意が必要なスパイスです。一方でお肉の臭みを取る、栄養成分が豊富という魅力的な点も多いです。適切な量を使うようにしてください)

 

 

アスパラガスは体を潤しつつ水分の巡りを促してくれるので、春~梅雨とかなり使える食材です。

体温に関しては微温、微涼、の両説がありますが、どちらも微なので体に負担になるほどではないでしょう。

体温調整がややこしい梅雨の時期でも食べやすいですよ。

アスパラガスといえばマヨネーズ……なのですが、マヨネーズは水毒になりやすくなる調味料なので梅雨には不向きです。

 

 

オリーブオイルは梅雨に負担のかかりやすい胃腸に優しい油。

それと余計な熱は取ってくれるので、夏に向かう今の時期、かなり重宝します。 

オリーブジュース100%オイル【キヨエ】

これお勧めです↑

 

 

ちなみに使っているポン酢はこれ。塩分控えめの中でお気に入り。

参考までに。

 

 

こちらで気軽に体調チェックできます。 

kuriya-kitahaku.hatenablog.com

あくまでも簡易版ですが、水毒になっていないかどうかお試しください。

ではでは。