くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

気・血・水で知るあなたの体

気・血・水はその症状を六つに分けます。混合することもあります。

 

こちらでは自覚症状別に特徴をあげていきます。

 

気虚 

気が不足している状態です。

 

1・胃がもたれる

2・疲れやすい

3・息切れしやすい

4・声が小さくなった

5・忘れっぽい

6・舌色が淡く、ふちに歯の跡がある

7・朝起きづらい

 

気滞

気が滞っている状態です。気鬱ともいいます。

 

1・のどに何かつっかえた感じがする

2・偏頭痛が起きる

3・イライラ、ヒステリーなど情緒不安

4・ガスが多い

5・生理不順や生理痛が重い

6・不眠

7・溜息が多い

8・舌苔が黄色く、べったりしている

 

血虚

血が不足している状態です。

 

1・抜け毛が増えた

2・動悸がする

3・夢をよく見る

4・目がかすむ

5・立ちくらみがする

6・頭がくらくらする

7・肌の色つやが悪い

 

血瘀

血の巡りが悪い状態です。

 

1・体が重く、だるい

2・頑固な肩こり

3・静脈瘤

4・肌が乾燥気味

5・動悸・不整脈がある

6・疼痛がある

7・舌に青紫か黒っぽい斑点がある

 

津液虚

水のことを津液とも呼びます。水が不足している状態です。

 

1・肌がかさつく、脂っぽい

2・のどが渇きやすい

3・手のひらや足の裏が火照る。

4・頭や体が重い

5・顔が赤くなりやすい

6・尿の色が濃い

7・舌の表面に亀裂が入った(もともとであれば問題ない。急に入ったなら津液虚を疑う)

 

水毒

水の巡りが滞っている状態です。

 

1・雨の日に体調を崩しやすい

2・むくみやすい

3・体が重くだるい

4・乗り物酔いしやすい

5・夕方になると体がほてる

6・寝汗

7・舌苔が白くべっとりしている

 

以上を見て当てはまるものが多いほど、そのタイプになりやすいです。

日ごろの生活により変化しやすいものなので、決めつけてしまわず柔軟に対応していくのが望ましいでしょう。

症状別のおすすめ食材へ⇒「気・血・水」別おすすめ食材

 

 

参考元・がくぶん「薬膳マイスター養成講座」

参考元・辰巳 洋 「薬膳素材辞典 健康に役立つ食薬の知識」2018 源草社