くりや

和漢膳を中心に、人それぞれの体質におすすめのレシピを紹介します。

あなたの体は熱っぽい? 冷えやすい?

当ブログではお一人でも出来るよう、簡単な体質チェックリストを作成しました。

気軽に試してみて下さい!

 

このページでは体温をチェックしていきます。

 

1・食欲は? 

 A不振気味 B旺盛

 

2・体の調子の良い季節は?

 A夏 B冬

 

3・疲れやすい?

 Aはい Bいいえ

 

4・体格は?

 A細身 Bがっしり

 

5・声は?

 A小さい B大きい

 

6・目は?

 A潤んでいる B赤く充血

 

7・肌は?

 A湿っぽい B乾燥気味

 

8・唇の色は?

 A青白い B赤い

 

9・喉は?

 A渇きにくい B渇きやすい

 

10・胃腸は?

 A弱い B強い

 

11・便は?

 A下痢気味 B便秘がち

 

12・女性なら生理痛は?

 A重い B軽い

 

13・体の痛みは?(頭痛、疼痛など)

 A感じやすい B感じにくい

 

14・睡眠は?

 A長い・深い B短い・浅い

 

15・味の好みは?

 A甘いの大好き B苦いのも好き

 

以上です。お疲れさまでした。

 

Aが多かった方は冷えやすい体質です。数が多いほどより冷えやすい、と言えます。

 陽の気を持つ、温、熱性の食材を選ぶと良いでしょう。

 

Bが多かった方は熱くなりやすい体質です。数が多いほど熱がこもる体質です。

 陰の気を持つ、涼、寒性の食材を選ぶと良いでしょう。

 

両方の項目が当てはまる、もしくは中間という方はバランスが良い方です。平性という陰でも陽でもない食材を中心に、両方の気を取り入れてみましょう。

 

おすすめの食材リストへどうぞ。⇒体質別食材1 - くりや

 

 

参考元・がくぶん「薬膳マイスター養成講座」より

参考元・辰巳 洋 「薬膳素材辞典 健康に役立つ食薬の知識」2018 源草社 より